1勝9敗でも儲かる方法!

利食いを徹底的に伸ばす

FXではレバレッジを効かせてトレードを行う事ができるので、一回の勝ちトレードで大きく利益を残す事ができます。10回中一度、勝ちを収めれば十分だと言えます。日本の口座では25倍が限界ですが、海外の口座であれば数百倍のレバレッジが聞かせれるので、より一層利益を残し易くなります。
トレードで勝つと言っても、すぐに利食いをしてはいけません。FXでは一度発生したトレンドは継続し易いので、直近のサポートラインやレジスタンスラインまでは、じっくりと待つ必要があります。FXで勝ち組に回れる人と回れない人の差は、利食いを伸ばせるか伸ばせないかの違いです。人間は利益は失わない内に早めに確定しようとします。本能に逆らう強さが無ければ勝ち組には入れません。

損切りを躊躇なく行う

FXで最も重要な事は損切りを躊躇なく行う事です。1勝9敗の成績で利益を残す為には、損切り幅を狭くし、利食い幅を広くする必要があります。大きなLOTサイズで、躊躇なく損切りができる様になれば必ず勝率1割でも収支はプラスにできます。
損切りを行う際の注意点はいくつかあります。FXで負ける人がよくやる失敗例は、ナンピンです。損切りをする勇気が無く無計画にポジションを積み増していき損失を膨らませます。ナンピンを容認してしまえば、例え大きな利益を残せたトレードをしても簡単に収支はマイナスになります。
1勝9敗でのリスクリワードは、損失が1に対し利益が10以上でなければいけません。10pipsの損切りに対し、100pipsの利益が必要になってくるので自然とデイトレード以上のタームになります。