FXで安定収入を作る方法

複数の手法を確立する

FXは株式や先物市場とは違い、トレードチャンスが極端に少ない市場です。そのため、どの様な相場環境でも対応出来る手法が必要になってきます。トレンドが発生している時は、トレンドフォロー、レンジ相場の時はレンジトレードといった使い分けをしなければ安定した利益を残す事は難しくなります。
トレードのタームも使い分ける事が大事になってきます。FXでメジャーなトレードのタームはデイトレードですが、デイトレードだけで利益を残すには、高い勝率が必要になってきます。勝率を上げるには選りすぐりの環境が必要になってきますので、長期的なスイングトレードや、超短期売買のスキャルピングをボラティリティの大きさに合わせて使い分ける必要があります。

資金管理で大損はしない様にする

FXはレバレッジを効かせて取引をするため、価格が逆行した時には大金を失う可能性があります。そうならないためには、厳格な資金管理のルールを構築する必要があります。
資金管理のルールとしてメジャーな方法が、証拠金に対してリスクを計算する方法です。リスクというのは1度のトレードで被る損失の事です。つまり損切り金額になります。エントリーをする前に損切り金額を決めておけば、大金を失う事はありません。一般的にリスクは証拠金に対して1%~5%の間で計算されます。リスク金額を元にリワード率を計算するので相場の基本である損小利大を実現し易くなります。プロの相場師の中には資金管理だけ覚えれば相場の世界で生き抜けると断言する人もいます。